あの日を思い出して。

諦めの悪い方です。ゆっくりやっていこう

戦う人は、たとえそれが眠っている間でも戦っている。

 

戦っていない人なんていない。

 

みんなそれぞれ、向き合うべき物事に対峙している。

 

 

 

 

 

昔々、清掃の仕事をしていたことがあったのだけど

ホースに足を引っかけて転んでしまったことがありました。

しかも、目の前にはタイルの角。

衝撃がしてから目を開けて、体を起こそうとしても力が入りませんでした。

タイルの床は思った以上に冷たくて、それにつられてどんどん体が冷えていく。

声を出したくても、出てこない。

視界がどんどん黒くなっていく。

 

それから体がふわりと軽くなって温かく感じた。

ものすごい速さで移動している感覚。

少ししてどこかに横になっている感覚。

再び目を開けたら、男の人が大きな声で自分の血を使ってくれと言っていた。

眩しくて、人に囲まれたような景色。

 

どれくらい時間が経ったのか分からないけど、私は生きていました。

そこに、花束を抱えて微笑んでいる男の人がいました。

当時の私は頭部の衝撃?で覚えていなかったけど、今なら容易に思い出せる。

輸血を申し出た男の人だった。同じ声だから。

きっと、私を運んでくれた人でもあった。

 

私は彼の声を聴くたびに、生きていたいと思うようになりました。

 

 

 

と、唐突な昔話でした。

日常を過ごしていく中で、何でこんなことが起こるの?と思うことがあるけど

それでも生きられる限り生きていかなくてはならないと感じます。

 

今日からしばらく、友達が手術の為に入院するそうです。

無事に成功することを願っています。

 

 

 

そして、いくつかの報告。優さんのブログにて。

優さんは前を向いていると書いていました。

どんな内容だとしても、受け止めたいです。

私も前を向きます。