あの日を思い出して。

諦めの悪い方です。ゆっくりやっていこう

晴れ

「誰か助けて」の中に私は入っていない。

誰かには助けてほしくても、私には助けてもらいたくないそうだ。

いつもそんなところをうろついてる。

 

正しいことが、誰かの助けに必ずしもなるなんて傲慢は考えていない。

嫌われたとしても「私の正しい」を伝えなくては、この世は嘘だらけだ。

こういう時、人は信じたいものを信じる。という事がよく分かる。

試しているわけじゃないけどね。

「あぁ、この人もそうなんだ」ってカテゴライズするだけ。

…だからか。私になんて助けてもらいたくないよな。

 

 

昔からだけど、私は横恋慕は嫌い。不倫浮気が大嫌い。自分の価値観にそぐわない。

意味が分からないなら、検索してほしい。

理由は簡単。私がされたら嫌だから。だから、私もしない。

横恋慕するくらいなら、その時の恋とか愛に決着をつける。

私がフリーでも、横恋慕になるんならその思いは無くなる。というか消す。

第一は私がその時だけでも大切に思えた人のため。

それに、途中から野次を入れるのは簡単だから。

そして、揺れている人は帰る場所があるから揺れていられる。

以上を理解したうえで横入りしてくるのは、褒められたものじゃないことくらい

ここを読んでる人は理解しているでしょう。

前向きになれるよう背中は押しても、自分に引き寄せたりはしない。

 

どんなものも奪われてきた人生だから、奪われる虚しさは知っている。

そして奪う側にはなりたくないと思っている。

卑怯者になるくらいならバカでいい。

時々苦しいけど、本当にそう思っている。

 

バカには助けてもらいたくないのは賢い人の心理だろうな。