あの日を思い出して。

諦めの悪い方です。ゆっくりやっていこう

晴れ

文学な日を過ごしていました。

図書館で資料を読んだり、書き物したり。

 

いつもよく行く場所でカラオケをやっていたので飛び入り参加してみたり。

年代を越えてまったりと楽しみました。

今日の外はとても気持ちの良い、ちょうど良い気温でほのぼのできましたね。

 

…ガラスなどに映る自分を見ていて、身頃をもっと薄くしたいなぁ…と感じました。

ダイエット頑張る宣言をしていますが、無駄に食べないように気を付けるだけで

精一杯です(;´Д`)もっと細かくルールを決めた方が良いのかな?;

 

週に3回はウォーキングする。

とか

21時以降は飲み物だけにする。

とか

ゆっくりよく噛んで食事を摂る。

 

など…今思いつくのではこういうのかな?

最初からあまりにもギチギチだと嫌になるから、この3つから改めてやってみようと

思います。せっかくの暖かい季節だもの。

楽しんで自分を成長させなきゃもったいないよbb

食事の癖はなかなか変えられないけど…意識するだけで結構変わる気がする。

ウォーキングは…今日みたいな日は良い日だったなぁ。

明日もほど良い天気だと良いな。

 

 

 

そうそう今読んでる本「死にがいを求めて生きているの」の著者 朝井リョウさんの本

が図書館にありました。何冊かある内の…確か、タイトルが

「学生の内にやらなくていい20のこと」という本が雰囲気変わっていたので

中をちらっと読んだのですが、勢いが面白くて思わず笑ってしまいました。

今読んでる本が結構シリアスな感じだから、朝井さんってそういう部分もあるのかな?

など思って…司書の方の視線が一瞬痛かったです^^;

結局そそくさと本を戻し、自分の作業に戻りました。

何となく思うけど、もっと詩集のコーナーを充実させてほしいな。図書館。

どの本も、似たような「全集」系の本で近代作家の取り扱いが少ない気がする。

私は誰かの解説より、作品そのものが読みたいです。国内外問わず。

最近出会った本で好きになった作家は藤咲 良さんという方。

秋田県横手市出身で、長く釧路に在住し現在は斜里にいらっしゃるようです。

彼の作品は私も1冊だけ古書店で購入していて、作品名は「白鳥台行」装丁が美しい

詩集にしては厚みのある本です。

『八月の真ん中だ』というフレーズが一番響いています。また読み返そう。

数々の詩集は、なんとご本人が図書館に寄贈されたようなのです。すごい。

私もいつか自分の詩集が図書館に置いてもらえるようになりたいなって思いました。

これは私の夢です。叶うように、今後も精進していきます(`・ω・´)ノ

 

帰ってきてからは、洗濯物を干しながら音楽を聞いてました。

平和な1日( ˘ω˘ )~♪

このままゆっくり時間が過ぎてほしい。