あの日を思い出して。

諦めの悪い方です。ゆっくりやっていこう

あなたのためじゃない

私の中の「彼」のために、私の記憶を取り戻したい。

「彼」が今も生きていて、なおかつ幸せそうであれば私は先に進めるの。

先に進んだらあなたがいて、その時初めて話の整合性が生まれるの。

だから、これは私のためなの。

私を救ってくれた「彼」と「あなた」にできることだと思ってる。

乱暴な表現をしたら、それ以外は割とどうでもいいよ。