あの日を思い出して。

諦めの悪い方です。ゆっくりやっていこう

乙女の非常ベル

体育教師の大きな号令
列を作るダルそうな生徒
ジャージのまんまで雑談して
番号違いが隣り合わせ
緊張感のかけらもない
なんならこのまま隠れちゃおうか
ねぇねぇおにいさんこちらにおいで
一緒に手を繋いでヒソヒソしよう

番号違いの隠れん坊さん
一緒にいたらいいものあげる
私の大事な大事な秘密
手首におまじないしといたから
切れちゃう前にハグしてね

片手にかけられたピンクの手錠
どこにも固定してないなら
早く私にかけてね?お願い

ジリジリ鳴ったらよーいどん
廊下を走って階段飛び降り
校庭のど真ん中青春さんは汗と流れる
シャツが張り付いて気持ち悪いけど
みんないるからまた後で
みんな見てるから隠れてね?

体育教師は今日もいる
私は名前を呼ばれると
無理やり合わせた番号を
起こして来いと仰せのままに
声をかけても手を振っても
隠れん坊さんは無反応だから
いつも以上に近づいて
二の腕キュッとつかんだよ

番号違いの隠れん坊さん
一緒にお弁当食べましょう
冷めてもおいしいものだから
温めちゃったらウマくてヤバそう
制服なんて包み紙でしょ?

髪で隠した騒音対策用イヤホン
同じ歌を聴くのもいいんだけど
お互い外して声で塞がない?

ジリジリなーんかあっついかも
窓を開けて日陰に逃げて
カーテンか扉の裏青春さんは汗と混じる
下世話な噂で汚されちゃうけど
素肌が見えてるところなんて
手しか握ってなかったよね?

それはなんて非常事態
脱出できない重要案件
壁ドンしたやつなんかより
君の方がもっと好き
ホントはいっぱい触りたいよ?
でも私何も知らないし

ジリジリ黙っていられなくて
覚えててくれて嬉しくなっちゃって
ハグしたい欲求の青春さんは腕に包まれる
周りの視線に顔が熱くなってしまうけど
埋もれてるからずっと隠してね
意外に力強い君の腕
押し付けちゃう感じな私の胸
わざとじゃないし!偶然だし!って
非常ベル壊れちゃった私の学校

 

 

 

*********

これからの季節に期待しましょう。学生諸君。