あの日を思い出して。

諦めの悪い方です。ゆっくりやっていこう

曇り

今日は友達と話しながらゲームをしていました。

 

そこで、落ちゲーの話になって…昔一緒にゲームをした人の中である人と

ぷよぷよをした話をしました。

 

…あれって、何列か一緒に消したりすると対戦相手側に黒いぷよぷよを送りつける

ことができるでしょ?最初、そのこと知らなくて(てゆーか落ちゲー自体やらない)

自分のペースで調子よくコンボ決めてスコアを伸ばしていたんだけど

ある瞬間、ものすごい量の黒いぷよぷよが画面を埋め尽くしてきて…

「消えない~~@@;」とか言いながら半泣きになりました。もちろん勝負は負け。

対戦相手は涼しい顔をして無言でした。←www

 

その後、何回か対戦したんだけど毎回黒いぷよぷよが画面を埋め尽くしてきて

負けが続きました。もう、落ちゲー初心者は萎えました。

もう二度と、ぷよぷよをやるものか…と心に決めました(´・ω・`)

その…なんですか?

私が弱いのはしょうがなくて、わざと負けてほしいわけでもないんだけど

こう、完膚なきまでやられてしまうと一緒に遊ぼうという気持ちも育たないわけで。

「弱いヤツ~必死乙~ww」とでも笑ってくれれば「くっそーw容赦ないしwww」

など会話が続くものを…その人はつーんとしていて、どう反応したらいいのか

迷った挙句、そのゲームというか、ゲームで遊ぶという事はしなくなりました^^;

 

誰かと遊ぶって言うのは、実は案外難しいのかもしれない。

装備を上げたい人もいれば、クエストをしたい人もいるし、アクセサリーを作りたい人

もいる。そういう同じゲームだとしても「好き」の方向が違う人と一緒に遊ぶには

自分の領域を主張しすぎず、相手の領域も尊重しながら協力し合うのが

私にとっては楽しいなと思うようになりました。

 

私がよく遊ぶのはRPGの類なので、PVP・クエスト・生産・その他…その道の

先駆者だったりエキスパートは結構いるもので、その時その時成長させたい分野が

異なるから、例えばオイシイアイテムを沢山拾うにはどうしたらいいのか分から

なくなった時に詳しい人へ教えを乞うことがあります。

私もモンスターを狩る効率の良いルートを一緒に狩りしながら教えたりすることも

あります。特にネットゲームは一緒に遊ぶ人がいてナンボの世界なので、嫌がらせ

のロールをするプレイヤーもいるけど、私はギルドで秘密にしていること以外は

気前よく教えるようにしています。それが新規プレイヤーがそのゲームにハマる

キッカケにもなるし、楽しいって思うのが遊びの醍醐味だからいい事だと思ってる。

 

ただ、例外はあって…あまりにも何でも手伝ってあげることは控えようと思ってて。

何でも手伝うと、そのプレイヤーは一人でゲームしたくなくなっちゃうんだよね。

確かに分からない事は教えてもらったりするのも必要だけど…。

ドラマや映画のネタバレみたいなものだから、そこら辺難しいと思います。

 

行動するのは自分の意思。だよね~って。

…話ズレたかもだけど;

 

今でもぷよぷよは苦手なゲームの一つだったりします。

だけど、その得意な人に「それってどうしたらそんなにすごいことできるの?」って

しっかり食いついとけばよかったなって思いました。

…その人は結局教えてくれなかったけどね^^;

 

良くも悪くも、性格が出るのは遊びという分野です。

曇り

おはようございます。

あれから眠れなくて、考え事をしていました。

 

何か嫌なことがあって、その原因が向こうにあったとしても

嫌いだってグチグチ関わり続けるより、切り返して自分の道を行こうと思ったんです。

例えば雁字搦めに私を支配する人や、訳知り顔で嫌味を言ってくる人たちから

距離を置いてまた最初から何かを始めようとか。

私自身が嫌だと思っているのに関わり続けるのは、病む以外に道はないの。

私はこれ以上同じことで病みたくない。

 

その先が病んで病んで自死するほど追い込まれてたとしても

昨日までの、悶々としながら生きて心が腐りながら投げやりになって生活も

ままならないままただ生きてるだけよりずっと良い。

きっといい。

誰かのせいにして生きるのはとてつもなく楽だもの。

そしてその人たちと共依存関係になってしまえば何も考えなくても死ぬことはない。

 

何をしたって手遅れなんだとしたら、あなた達はガヤガヤ騒いでいればいい。

手遅れならそれなりに楽しんでいきたい。私の人生だもの。

誰とは言わないけど。

そんなことを、読んだ記事や友達との会話の中で見つけ出しました。

 

私が尊敬する人に、とても大切で大好きな人が居ます。

その人の言葉に救われたと言っても過言じゃない。

救われたと同時に、自分の中の声に気が付いた。

気が付いてしまったら、無視できない。

だって、もう自分の記憶を自分で消そうとしないって決めたから。

 

もう少し、まだあがいてみようと思います。

曇り

体調は安定しているけど、気持ちが安定しないこの頃です。

全て言い訳かもしれないけど…その少し前まで「がんばろう」としていた事を

直前に迫ってくるとマイナス思考に包まれて「このままじゃ何もできない」と

ぐるぐる回ってしまう。

 

いくら周囲の環境が理解あっても、そこに甘えすぎてはいけないと思ってるのに

ゆだねてしまう。薬の残りはあと約1ヶ月分。また新たに貰う時まで

それまでに改善したいと思ってる。

 

しっかり自分の精神に背骨通して生活していかないと…

追いつめてるだけじゃだめだし、責めてても成長しない。

だけど、ただただ甘やかしてこのまま流れていても変化は出来ない。

何か変えていかなきゃ。

 

人の事にあーだこーだ言う前に、自分の事を最低限出来ないとね。

 

 

 

今日はそんな感じで。

晴れ

 

当選していました^^

どんなイベントになるのやら…。楽しみとちょっと緊張しています。

オープンからずっと遊んでましたが、公式オフイベの参加は初めてです。

 

楽しく過ごしたいなぁ。

 

 

 

短いですが、今回はここまで^^ノシ

曇り

今日も肌寒い1日でした。

両親が来たので、少し一緒に用事を足してから親戚のお見舞いに行ってきました。

 

健康でいること。また、防ぎようの無いもの。

どちらにしても日々の気付きや病院でのメンテナンスで

少しでも症状が軽く済んだり現在の状態を維持することができると思う。

1時間程、親戚の方は元気に話をしてくれていました。

私は、そのいつもとあまり変わらないような雰囲気で話をしてくれたのが

少し嬉しかったです。たとえ無理をしていた状態だとしても。

 

私が成長したり、年を取っていくのと同じように

周りの人も成長し年を取っていく。

「あと何回同じ季節を迎えられるだろう」

そんな言葉が音や声と一緒に思い起こされました。

 

私が老いて居なくなるまで、周りの人が必ず存在してるなんて、誰にも断言できない。

だからこそ、自分の力で会うことのできる人には会っていたい。

交流していたい。なんてことはなくても、気持ちを伝えていたい。

たぶん人一倍さみしがり屋だから(そう見えなくても)大切にしてくれた人が

仲良くしてくれた人が居なくなる時は、気持ちをどうしていいのか分からなく

なりそうだけど…。自分がどれだけその人を思ってるか、しっかりきちんと伝えたい。

例え今、私のことを嫌っていても。

私が覚えている限りは、その時まで大切に思っていたいし会って言葉を交わしたい。

 

…私の小さなころからの些細な夢「おばあちゃんになりたい」は叶うのかな。

叶えたい。叶える。ちゃんと生きて「変わったおばあちゃんだね」って言われてたい。

 

親戚の容体は、きっと完治はしないでしょう。

だけど、少しでも一緒に話したり手伝いをして思い出を遺していきたいと思いました。

 

 

 

物悲しい気持ちでずっと過ごす気力はなかったから、その後両親と解散した後

カラオケに行って、少し昔の歌を歌っていました。

また、親戚や家族で行きたいな。

 

( ˘ω˘ )♪

晴れ

今日は声を録音していました。

落ち込み過ぎてちゃ…死んじゃうからね^^;

 

気分転換に声を出してよかったです。

少しすっきりしました。

note.mu

拙いですが、無料で公開しているので良かったら聞いてみてください。

 

…今日の所はこんな感じかな。

せっかくの天気だったのに、最近ずっと落ち込んでて

それからの今日は…特に外出なかったけど気持ちが軽くなりました^^b

曇り

まったり過ごしています。

 

ちょっとずつ気持ちが安定してきたと思います。

相変わらず肌寒いくせに歩いたりすると汗ばむ天気です。

 

連続ブログの投稿を100日経過していて思った事。

…個人的に文章を書くのが苦手と思っていた私でも、何とか出来るものだなぁ。

飛び上がるほど嬉しいという感じではなく、かといって「そんなのよゆー」という

雰囲気を持つわけでもなく…静かに安心感が湧いてくるような気持ちです。

 

これからも、目標を特に設けず無理しないまま続けられればいいなぁと思いました。

曇り

「蜜」

 

そんなものは詭弁だと

突き放してしまえば

もう何も信じなくていい

 

希望も持たなくなるから

心が機械になって朽ちてしまっても

失敗作だっただけ

 

失敗作は脳みそが壊れたから

いつも甘い言葉を食べている

あなたのただ述べる言葉すらも甘く感じてる

もう何を正しく認識できるのか分からなくなってきた

 

それでも私は言葉の蜜を食べ続ける

まだ生きた心地をしていたいから

 

縋りついて食べ続ける

まだこの世界を信じていたいから