あの日を思い出して。

諦めの悪い方です。ゆっくりやっていこう

不器用な目

どこを見ていいのかわからなくて
向かい合わせの君を見ないでおこうと思って
その向こう側をぼんやり見ている
焦点はもちろん君に合わせているよ

食事を運んでいる店員さん
シャッター
街路樹

スーパーのお酒のコーナー
住宅街
いちゃつくカップル
赤いソファ
天井
スクリーン

そんなものが見えてたけど
大体そこには笑顔の君がいる

怖いのは離れることじゃなくて
失うことだったと思う

同じ方向を見ているときは
同じものが見えていたのかな

歩きやすい夜道
雨の中の歩道
窓の向こうの天気
虹のかかった夕方
カラオケのモニター
明け方の商店街
スクリーン
非常階段

命があれば終わりなんてないんだと思う
視線を合わせるのが苦手なのは
目が合った時に私の内側を見透かされそうで
下手なくせに逃げたり隠れたりしてばかり

恥ずかしがり屋の本質は変えられないと思って
一人で少し笑った

 

++++++++++++++++

重複。