あの日を思い出して。

諦めの悪い方です。ゆっくりやっていこう

結局は何が言いたいのか

思い出したての私には、鮮明だったということだと思う。

何をどうしても過去には戻れないし、思い出したくても曖昧になっていくものだし。

 

結局は……今は好きだということだと思う。

こういう気持ちは、もう二度と持てないかもしれないから

だから、大切にしていきたいんだろうと考えに至る。

でも、あのタイミングで思い出したくなかったなぁ^^;とも思う。

なんで耳に入ってしまったんだろう?約100日前の私に改めて質問したい。

 

私はこれ以上感情が振れてはいけないんだと思っているのに

そういう時に流れてくる音楽が妙に胸を打ってしまったり。

楽しい時間だった。大好きだった。

それで良かったのにね。

また大それたことを考えて、現実離れしすぎてるって笑って泣くのかもしれない。

 

嘘をつけ、絶対思い出せないだろう。私のことなんて。

詭弁だ、綺麗事だ、と、批判もできるけど、できそうもない。

心底嫌いで離れてればよかったのに。

誰かの誕生日にあげたお菓子の詰め合わせみたいにしてやりたいよ。

 

今更だけど、会いたいようで怖くて会いたくないようでよくわからない。

でもきっと会えて、声をかけることができたら

「        」てうっかり口を滑らせるかもしれない^^;

とか、考えている。空白なのはまだ秘密ってこと。

先に言われちゃったら何となくさみしいからねw

多分、そういう一言多い客はいるにはいるんだろうけど…ね。

あなたの仕事中によくちょっかいを出してた変な客は

私くらいだろうと自負してみたり。

 

いい思い出だね。本当に。

モニターがぼやけてよく分かんなくなった。

大嫌いだと思い込もうとすればするほど涙が出てくるのは何でだろうね。

私には何の価値もないのにね。

いらない情報だったよね。

 

なんでそんなに?

はぁ、全くわからない。

私のほうこそ今更かもしれないね。ごめんね。

 

私がどれだけ、考えてこれを書いてるか知ってもらえるなら

この胸掻っ捌いてもらっても構わない。

それだけ悩ましい存在だよ。

辛いことなんてないのさ。

ただただ、悩ましいのさ。

 

寝よう。って思ったら、明け方だった@@;

でも、少しは寝ないとな。

めんどくさいなぁ。何もかも。