あの日を思い出して。

諦めの悪い方です。ゆっくりやっていこう

昔取った杵柄

という言葉があるね。

私はそれで今微々たるものでも生活している気になっているが

実はもう一つあってさ。

それで生活してるわけじゃないけど、楽しいからしてることで

ある時から背中を押してもらってやってること。

それは歌うこと。言葉に残すこと。

どんな歌声かはニコ生でも探せば出てくるけど

言葉はこうして残しているね。

歌はね、なんかずいぶん前から好きだったみたい。

でもしばらくは小さな声だったんだ。

学生の時ね、歌声イイねってカラオケ屋に連れてかれて「何か歌いなよ」って

半ば強引にマイクを持たされたんだけど、声なんか出したことなくて

自分の声も聴いたことがなくて「腹から声出せぇw」ってヤジられて

ヘロヘロになりながら1曲歌いきったら「いいじゃんb」と返してくれたんだよ。

その時の感覚がクセになっちゃってね、歌が大好きになったんだ。

その子は今も歌ってるのか分からないけど…。

 

二十歳で社会人になって、いろいろあって、楽器屋さんの付近をうろついたり

私なんかが楽器に触れていいのかなとか思いながら、ただ眺めたりして

でもある時一念発起して選んでもらったのね。

それがちょっと傷がついた8000円のヘッドウェイの初心者セット。

すぐに弾けるように丁寧にチューニングしてもらったんだよ。

大きなボディで、弾いた弦の音は私の声より大きいんじゃないかと思ったくらい。

そいつと一緒に過ごしてた時にね、普段は仕事をしている人たちで音楽をしよう!

ってネットのグループがあって「えいッ」て参加したの。

んで、最初はただ飲んでるだけなのかな?と思ってたけどグループ組んで

歌ってみようかーてなって、くじ引きでチームに分かれたのね。

 

あれから何回か歌ったりして、ある場所で歌った時にさ

自分の曲を披露することがあったんだよ。本当に短いひっそりした曲。

それで休憩だかの時に、すっごーいガタイ良くて強面のスーツのおじさんが

何か話してくれて名刺をくれたんだよ。

その話を打ち上げの時に話して、名刺を見せたらみんなびっくりしてたなぁ。

結局名刺のことは家族には内緒にしてしまったよ。

 

それが、もう一つの昔取った杵柄の話。

(´∀`*)ウフフ

保育士になれたら、好きな人の歌や私の歌を、子供たちと歌いんだ。

んじゃ、友達にキムチチゲパーリィに誘われたので準備しようかな。

またね。

結局のところ

親しい友人に「好きな人できたよ」というと

割と乗り気に食い込んでくるが

特殊な職業だったりすると「あぁーw」という反応されることに

スーッと心に隙間風が吹くような気がする

 

これって多くの人は思春期とかに体験して自然と区切りをつけて終わるのかな

恋人がいて 想ってくれる人もいて 友人も少ないけど存在している

そんな中で現れた 好きな人

 

「いいじゃないか 好きで」というと

「好きでも結構 ただそれはみんな思ってるからね 現実と妄想を区別しなさい」

など 実に手厳しいお言葉を頂戴する

 

とにかくいろいろなことが起こる32歳を迎えるだいたい1か月前

厄年らしいけど不幸なことはあまり起こっていない

むしろ幸運なことが多いくらい

 

 

 

ぜひ行間に「結局のところ」と入れて読んでみてください

前にも書いたでしょう?

 

この国中の女の子が「私に歌ってる」と錯覚する魔性のうなりは 気づいた瞬間 奥深く刺さってて 抜けないの これで死ねたらいいのにね

雨音とまどろみ - あの日を思い出して。

 ってね。垢ぬけてようが、芋状態だろうがそれはあまり問題じゃないのね。

モテてもモテてなくても「みんな」が好きだから好きになったんじゃないし

「懐かしい」から好きだと思い出しただけでもない。

 

いいじゃないですか、現実離れしてても…幸せなんだから。

という、誰に向けるでもない言葉。

おやすみ

今日もたくさんしゃべったね。

ちょっと食い気味で話しちゃったけど

楽しんでくれたなら、なによりだよ。

私も楽しい時間だった

こんなに真剣に夢中に話せることができるのって本当に楽しいね。

でも、もう眠くなっちゃったね。

眠ろう

眠って少し休んで、また話そう。

ありがとうね

話してくれたり聞いてくれたりして

私の相手してくれる人は、みんな素敵な人だね。

ときどき注意して気づかせてくれるのも

似たような失敗ばかりしていても

根気よく接してくれてありがとう。

 

 

 

 

 

 

でも、チップは私の財布から勝手に取らないでね。

今日、すごくくだらないことで相談しに行かなきゃいけなくなったから…

次同じことがあったら、被害届出すからね。

あの日はあの日のまま

目の前でまっすぐ差し出された右手を取るのが怖かった。

数日、ただ最近あった嫌なこととして例の話を打ち明けたのだけれど

それでもあなたは90度のお辞儀に「   」と言って手を差し出した。

この空白こそ大切だったのに思い出せないでいるよ。

今でも私はその手を取ることはできるのだろうか?

とくに差し出されてもいないのか。

しょんぼりしながら、溺死した昔のケータイのことを思い出す。

ガワは残ってるけど肝心なのは記録媒体のSIMなのよね。

そいつ、もう、取り出せないから

連絡とりたくてもできないや。

 

見上げると、手を組んでくれたことも思い出す。

嫌な思い出って確かに払しょくできないけど

あの瞬間は、握ってくれた手を見つめてしまったなぁ。あんな事してくれたのは

今のところあなただけですよ。一緒にいるんだなぁって思っちゃった。

静かにしなきゃいけなくて、何らかかじってたのも。

 

決まって夜で。

ヤキソバ食べさせてくれたり。

ひっそりギター弾いたり。

 

自分はあまり歌わなくて、私の声を聞いてる姿を横目で見たら

すごく優しい顔してた。思い出したらなんか泣いた。

とくに写真で残したわけでもなく、もちろん音声もない。メールの履歴もない。

なのに、最近よく思い出してしまうよ。

 

お元気ですか?最近よく思い出すので、連絡してみました。

あなたの夢は今叶っていますか?私はまだもがいています。

でも、あの時よりは好きなものは好きと言えるようになっていると思います。

「別れよう」も口にせずに離れてしまったから、ごめんなさい。

また会える時があったら、もう一度、散歩しながら話しませんか?

……

とかね。

伝えたいことがたくさんあるのにね。いざ話そうとなると回りくどくなるの

変わってないかも。以上、私信でした。

 

あーねむー( ˘ω˘ )

豆乳と乙女心

「ね、アルマちゃん。胸を大きくするのにはどうしたらいいの?」

ある昼休みに聞かれたこと。自慢じゃないが、そこそこあるらしい。

じゃぁ、と始めて…得ていた情報と体験談をそえて披露する。

 

まず、最初は下着屋の店員さんにフィッティングしてもらうこと

正しいブラの付け方を覚えること、お直しをこまめにすること

お風呂とかの時にまぁるくなるようにマッサージすること

豆乳飲んだり、パットは入れないことエトセトラ

 

「ありがとう^^試してみるね」

彼女は笑顔で去って行ったから、ちょっとうれしい気分になっていた。

数か月後、彼女はニコニコ笑顔でこっそり打ち明けてくれた。

どうやら彼が喜んでくれたらしい。それはよかった。

高校生の日常会話はカラダの話かマンガの話か部活やSEXの話くらい

くだらないとは思いつつ誰かのように毒を吐き話を合わせ生活している中

私はどんな姿でいたいんだろうと疑問を持つ

 

「女で生まれたからには女を楽しまなきゃ」

この体で生まれたんですもの。そう言い聞かせてスカートを履いたりしても

スカートは合わなかった。好きじゃないってか居心地悪かった。

襟首を引っ張って下を向くと谷間が見える。あまりに見慣れた景色で驚きはしないが

これがあることで何が楽しいかよくは分からなかったな。

それより身長がほしかったし、低い声がほしかった。

 

だけど、ただただ余計な輩が無駄に近づいてきて面倒くさいので

もう何もかもが面倒くさかったので、外見てものを捨ててみた。

冗談じゃなく簡単に太っていく。面白いほど短期間で。

そうなってみないと分からなかった景色ってものはあるが

これは体験しなくてもいいことだったかもしれない。

そういうタイミングで、いい人に出会ったりする。

「何でこういう巡り合わせなんだか」

美肌とホルモンバランスがうんたらかんたらで今日も新しい味の豆乳を飲む。

「何でこういう巡り合わせなんだか」

ため息をつく乙女と言いたい妙齢の女。

死にたがりの生きたがりの

その本音は目的というか欲求なのだろうね

したい というか されたい

すごく簡単だけど、欲求ほど年を重ねるにつれ達成することは難しく感じる

無知の力は強力だと感じられずにいられない

お金を使うとある程度の知識・経験・欲求は満たされる

そこで程々満足し従属する生活を選ぶ大多数の人 は

ほんとうの欲求を満たしていないことに気付いているから

お金を使えないモノを奪っていくことがある。あるいはお金そのものを

どうして?

中途半端と言うの?年だというの?ダメだというの?

そうして平気で私から大切なものたちを奪い 満足した気になって

足元をすくわれたくなくて 口封じをする

私は黙る

黙るとなぜ黙るのかと言う

私はおもちゃじゃないよ

ロボットでもないよ

人間だよ

弱くもないよ 強くもないけど

生きる気力すら奪っていく 従属に安寧する人々

まろやかに魂を腐らせていく大多数の人へ

「本当はなにがしたいの?」

何かしているようでしていないのはお前「も」だろう ハンパもの

そう聞こえてきそうだけど

生命を永らえることだけが生きるということじゃない

私は考える

あめせん

南部せんべいに水あめをぬったお菓子。

子供のころ、母方の祖父母の家でよく食べていた。

じいちゃんの弟が送ってきてくれたのだという。

私は水あめが食べたくて、でもそれだけ舐めるわけにもいかないので

そのせんべいに山のように盛り付けて食べていた。

 

両祖父母の家に行けばお腹がすくことはなかった。

 

電話番したり、螺をつまんだり、昆布干したり、リヤカーに乗っかって畑を見たり

怒られて時々げんこつもらう日も楽しかった。

 

退屈な野球や相撲を見ながら、子牛に乳をやり、寝坊してすまきにされたり

ショベルカーの運転を教えてもらうのも楽しかった。

 

楽しかった日々。

今は楽しくないかと言われれば、もちろん楽しい。

でも、お腹がすく。

どんなにおいしいものを食べたり満腹になっても、お腹が空いてしまう。

お腹がすくと、本当にお腹が空いていた時を思い出す。

そして、ちょこっとさみしくなって、頑張ろうと思う。

 

でも、今日はあめせんを20年ぶりくらいに食べたので

そこまでお腹空いてないかもしれない。

超絶リラックスタイム

夢の話 続き。

 

めまいから覚めると、子供の私になっていた。相変わらず兵士だったけれど。

きっと私たちの故郷だろう施設が破壊された瓦礫を、近くの安全な家から見ていた。

まるでテレビのワンシーンを見ているような感覚だ。

それから母は部屋の電気を消し、車に乗り込んで私にも乗るように急かす。

 

その中で眠りについたのか、また意識が遠のく。

 

施設にいた幼馴染の少年と喧嘩をしていた。

他愛のないことだったと思う。

そうしているうちに、共感をしている父が怒鳴りながらいさめてきた。

「1月3日だぞ!お前ら何やってんだ!!」

二人して頭を押さえられて怒られていたら、サイレンが鳴って出撃。

 

……そこで目が覚めた。

 

以上、夢の話でした。( ˘ω˘ )

おなかがすいた

夢の話

 

私は夢を何度も繰り返すことがある。

昨日、やっとはっきりしてきたので、もう、きっと同じ夢は見ないと思う。

まず最初に出てくるのは大人の私。

兵士の姿をして、どこかの近未来な施設に入り、特に強くもない敵を倒していた。

弾丸の補充のために敵が届きそうもない場所に移動して割とすぐ、通信が入った。

作戦の通信かと思ったが、なぜか音楽が流れてきた。

私は断続的に混乱を繰り返した。なぜ組織の通信にこんなものが?

聴いていて特に悪い気はしないが、戦場にはふさわしくない。そう思っていた。

補充も済み、辺りを見回すと敵の動きは止まっていて、放心しているようだった。

敵のど真ん中にいても、攻撃される気配はない。

安堵した私は背中を預ける。すると背中がぐらついた。「?!」何かの音がした。

壁だと思っていたのは何かのパネルのようで、見せるわけではなく収納されている。

好奇心で左端から順に指先で押していくとさっきの通信で入った音楽の主旋律だった。

ふと鼻歌を口ずさんだら、めまいがして別のシーンに移り変わる。

 

 

…ふぅ。今日はここまで。

メモからブログにすると、けっこうなボリュームだなぁ。

雨音とまどろみ

「らきすと」

 

私を包むあの香りは 今日もジャケットの中

チョーカーとクロスのネックレスには 忘れられない過去があって

ベティは毎日それを付けている シャワーの時も眠る時も

 

空腹でうなだれていたら どっかのストリートミュージシャン

やさしく激しくギターを鳴らす 私の飢えを癒すように

そしたらなんだか泣けてきて ギターの音しか聞こえなくて

何度か睨むもおかまいなし

あの時からだろう「声を聞きたいの」

 

今あなたは誰といますか?誰の声を聞いていますか?

撃たれるように浴びせられた あの音を誰に聞かせているの?

割ることのできない数字をあげるから もう一度 今度は

 

あれから私は何もかもあきらめ そしてまた希望を見た

電子のラッキーが出ればいいのにとボヤきながら

ベティは今日も浮気タバコ 起きてから飽きるまで

 

自棄で声をあげていたら どっかの同じヤツが

あっけらかんといやらしく声をかけてくる あなたも飢えてるの?

そしたらなんだか好きになりそうで やめてほしいのにやめてほしくなくて

何度か混乱するもおかまいなし

あの時からだろう「ねぇ歌って」

 

今あなたは誰といますか?どんな声を出していますか?

飄々としたトゲで 今誰を責め立てているの?

 

きっとあなたもその一人でしょう?

この国中の女の子が「私に歌ってる」と錯覚する魔性のうなりは

気づいた瞬間 奥深く刺さってて 抜けないの

これで死ねたらいいのにね

 

私はまだ生きてる 生きていたい

忘れることが生きていく上で必要だったら

ブッ壊れても覚えていたい